BLOG



180315.png

ダウンロード(4.9MB):SINAPJournal_2018w.pdf

こんにちは。シナップ大川です。

クライアント、パートナーのみなさまにはお手元に届いているころかと思います。毎回ご好評いただいておりますシナップの活動報告も兼ねた不定期冊子『SINAP Journal』の最新号『SINAP Journal 2018 Winter』を作成しました。

usabilitytest_top03.jpg

ディレクターの鈴木です。 前回の機材編に続きまして、今回は主にフォーマットの話になりますが、分析編をお送りいたします。

第1回:「社内の機材でやってみよう! 低予算でできるスマホのユーザビリティテスト」(準備編)
第2回:「社内の機材でやってみよう! 低予算でできるスマホのユーザビリティテスト」(機材編)
第3回:「社内の機材でやってみよう! 低予算でできるスマホのユーザビリティテスト」(分析編)

18_telephone_top.jpg こんにちは、シナップ大川です。
関係者のみなさまはご存知かと思いますが、昨年シナップでは会社の電話を廃止しました。
いや、「電話を廃止した」というと少し言い過ぎかもしれません。正しくは電話代行サービスを利用して、外部からの電話の一次受付をお願いしています。
具体的には、シナップへ入電があった際は、一度代行会社のオペレーターさんが応対、社内で利用しているChatWorkに個別に連絡をもらい、各自が対応するというオペレーションに変更しました。

先日、ビープラウドの社長さまのブログ「電話に出なくて良い会社」を読んで、シナップも全く同じだなと思ったので、今日は電話をなくすことで得られるメリットについてなど、僕もシナップで実施してみた感想をまとめてみたいと思います。

usabilitytest_top02.jpg

シナップのディレクターの三國です。

前回の記事では、計画と評価設計についてご紹介しました。

今回の記事では、

  • 「2-5. 実査の進行シート」の進行内容の説明
  • ユーザビリティテストに必要な機材やアプリケーションの準備

を紹介していきます。

第1回:「社内の機材でやってみよう! 低予算でできるスマホのユーザビリティテスト」(準備編)
第2回:「社内の機材でやってみよう! 低予算でできるスマホのユーザビリティテスト」(機材編)
第3回:「社内の機材でやってみよう! 低予算でできるスマホのユーザビリティテスト」(分析編)

usabilitytest_top01.jpg

ディレクターの鈴木です。
UXという言葉が一般的になってきて早数年、ウェブ制作周りでもユーザー調査やユーザビリティ調査を行って自分たちの持っている仮説や課題意識が正しいのかどうか、検証することが一般的になってきました。
しかしながら、ユーザビリティ調査は私たちウェブ制作者にとって導入イメージがつきやすいのですが、実際に行うとなるとテストの様子や対象画面をビデオ録画しておく必要があり、機材の選定やどのような構成で行うべきか等検討することが多くあり、中々踏み出せない現状だったりします。

そこで、シナップのディレクターチームによって、社内の機材で簡単に低予算でユーザビリティテストを行うことができないか考え、実際にクライアントワークで制作したアプリを使ってテストを行い、それをまとめました。