BLOG



2011.jpeg

こんにちは、内藤です。

9月10日に弊社代表取締役 坂西がモデレーターを務める『WebSig24/7』が「WebSig1日学校〜未来のあなたとWebを変える1日〜」と題したイベントを催しました。私もディレクター/プロデューサーのクラスに参加してきたので、今回はそのレポートをさせていただきたいと思います。個人的な感想が多分に含まれる記事となりましたが、お付き合いいただければ幸いです。


WebSig1日学校は、「未来」をテーマに、近視眼的なTipsを追うことやHow To ではなく、本質的な視点で考える、オトナのための1日学校です。「学校」というシチュエーションと国語、算数、社会というメタファーを生かし、インターネット/Webの未来、ウェブ業界に関わる参加者の未来に生かせるモノの見方・考え方の発見を目的としています。
今年は「考えぬく」をキーワードに、ウェブ業界に関わる私たちの仕事・キャリアといった身近な近未来を考える上でどんな視点や考え方があるのか、次の時代へ何を捨て、何を引き継いでどんな準備をしていくのか、を考えぬくきっかけになるような授業を企画されていました。
(参照:WebSig1日学校2011 オフィシャルページ


「学校」というだけあって、会場は旧三本松小学校(現デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオ)、体育や保健の先生がいて、ランチは給食という徹底ぶり。授業ごとにはもちろんチャイムも鳴ります。勉強もさることながら学生時代にタイムスリップしたような懐かしい雰囲気も楽しむことができました。


授業は5時間の時間割りで構成され、最初の1,2時間目はサーバサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、デザイナー、ディレクター/プロデューサー、Web担当者の5つのクラスに分かれて各職種に合ったセミナーが行われます。それぞれの職種がどのようにキャリアパスを描くのか、業界の最前線で活躍されている方を先生にお迎えして授業が行われました。

私の参加したディレクター/プロデューサークラスでは、AR三兄弟の長男である川田十夢さん(1時間目)とイメージソース・ノングリッドの小泉望聖さん(2時間目)のお話を伺うことができました。授業の具体的な内容については割愛させていただきますが、やはり最前線で活躍されていらっしゃる方のお話というのは、それだけで説得力をもち、とても興味深く、仮に同じ方法をとったからといって同じキャリアを描けるわけはないのですが、私が自分のキャリアに向きあう時のひとつの考え方として今後参考にしてみようと思えるものでした。
3時間目は、1,2時間目のクラスとは違う職種のクラスを受講します。この授業では、自分の職種だけでなく他の職種をしることでキャリアを広げようというものだと思うのですが、私はそれよりも普段一緒に働いている違う職種のスタッフのことを知る良いきっかけになりました。技術的なことではなく、その職種の魅力的なところを理解することで今後プロジェクトの中で尊重するべきことというのが少し分かったような気がします。
4時間目の社会は職種ごとに分かれることなく合同に体育館で行われました。経済を中心に今私達の取り巻く社会環境について、またその観点から私たちのスキルの強みについてお話していただきました。今の社会は私たちを不安にさせるものばかりですが、それを踏まえた上でどうするのか、自分を取り巻く環境を知ることはキャリアを考える上で避けては通れない道です。
そして5時間目、最後の授業、ワールドカフェが行われました。4〜5人ほどのグループになり、私たちの仕事が社会に与えている価値について話し合いました。議論をして答えを出すのではなく、意見交換をして自分とは違った視点を取り入れていくのが今回の目的なので、ひとつのことに集中せず、様々な話ができたと思います。そして、多種多様な視点を得た上で、最後に明日からできることを考え、付箋に宣言をして授業を終えました。


自分のキャリアを考える時、「自分は何がしたいのか」ということを漠然に考え、自分のことなのにそれが分からず、でもこのままで良くないことだけは理解していて、ただ不安になってしまうという方は私を含めとても多いと思います。しかし、今回のイベントを通じて、そんな不安と向き合い、ちゃんと自分なりの答えを出すための新しい視点というのをいくつか学ぶことができました。
転職を考えている人はこれからの参考に、そうでない人は自分自身のキャリアを改めて確認し、軌道修正や仕切り直し、モチベーションのアップにつながったのではないでしょうか。

とても有意義な一日を過ごすことができたと思っています。このブログを御覧のみなさんも来年は是非参加されてみてはいかがでしょうか。