BLOG



1706recipe.jpg こんにちは。アシスタントの沓掛です。

普段SNSを見ているとレシピ動画をよく目にします。
隙間時間にさっと見れて、かつ簡単に作れそうな料理が多いというのはとても魅力的ですよね。
それにしてもこのレシピ動画、最近とても多くなったと思いませんか?
そこで今回はこれらのレシピ動画がどれくらいあるのか、コンテンツの種類やフォロワー数、特徴について調査してみました。

どれだけあるのか調べてみました

コンテンツ名
(運営会社)
Facebook Twitter Instagram アプリの有無
TastyJapan
(株式会社 TASTYJAPAN)
400万人 18万 222万人
TastemadeJapan
(Tastemade Japan 株式会社)
178万人 66万人 138万人
(有料)
DELISH KITCHEN
(株式会社エブリー)
146万人 13万人 94万人
(無料)
kurashiru(クラシル)
(dely株式会社)
117万人 22万人 84万人
(有料)
macaroni
(株式会社トラストリッジ)
63万人 5000人 28万人
(無料)
LifeTheatre
(アルファアーキテクト株式会社)
75万人 アカウントなし 11万人
C CHANNEL Food
(C Channel株式会社)
58万人 6000人 37万人
(無料)
mogoo
(株式会社スタートアウツ)
49万人 5万人 47万人
(有料)
videlicio.us
(フジテレビ)
48万人 2000人 2万人
Cookpad TV
(クックパッド株式会社)
38万人 アカウントなし 67万人
(有料)
ABC Cooking Studio
(株式会社 ABC Cooking Studio)
33万人 1.9万人 2万人
(無料)
7CutRecipe
(株式会社ナディア)
2000人 アカウントなし 1500人
ゼクシィキッチン
(リクルート)
フォロワー数記載なし 2000人 6000人
(有料)

(2017年6月25日時点調査結果)

ざっと調べただけでもこれだけのレシピ動画がありました。どのコンテンツでも比較的Facebookでのフォロワー数が多く、他のSNSに比べてTwitterのフォロワー数が少ないという結果がとても意外でした。

レシピ動画のマーケティングについて

分散型メディアとは?

これらのレシピ動画の多くは分散型メディアと呼ばれるもので、ソーシャルメディアの各プラットフォーム(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube等)に直接コンテンツを配信していることが特徴です。通常、広告など気になったらクリックをして別のサイトに移動しなければなりませんが、分散型メディアの場合はその場でコンテンツの内容がわかるのでユーザーに見てもらいやすくなります。

各プラットフォームで拡散されることで多くのユーザに見てもらい認知度を高め、そこからフォロワー獲得に繋げていくということですね。

実際にどうやってマネタイズしてるのか?

マネタイズに関してですがが大きく分けて資金調達、アプリでの課金、タイアップ動画による広告収入などがあるようです。実際にkurashiruでは、課金制でプレミアム会員限定のサービスを設けています。ただ無料で使えるレシピ動画が数多く存在するので、ユーザーがすぐ課金するかというと、中々難しいのではないかと思います。kurashiruのサイトにいくと各大手のプロモーション実績の一部が掲載されているので、やはり現在はタイアップの広告収入が多くを占めていそうですね。

認知度の上げ方

人気のあるレシピ動画は各ソーシャルメディアでの配信しているレシピ数が多く、更新回数が頻繁に行われているという点が挙げられます。その一方で認知度がまだそこまで高くないレシピ動画は、更新する頻度やレシピ動画の種類の少なさが目につきました。

このように各ソーシャルメディアへのアプローチの仕方一つでコンテンツの再生回数やフォロワー獲得にも大きく影響することがわかります。現在多くのレシピ動画が配信されている中で、今後はどのように差別化して人気を獲得していくかが重要になっていくと思います。

私が選んだベスト3!

さて、最後に数ある中から、注目したいレシピ動画をピックアップしてみました!

kurashiru

レシピ動画といえばDELISH KITCHENかkurashiruというほど、認知度が高いのではないでしょうか。1本あたりの再生時間はほとんどのものが1分に収まる時間で、晩御飯やお弁当に活かせる家庭的なレシピの豊富さが特徴です。CMでも流れていた「レンジで!もやしと豆苗の豚巻きレンジ蒸し」に関してはYoutubeで200万回を上回る再生回数になっていました。

TastemadeJapan

Tastemadeの日本版、TastemadeJapan。何と言ってもインスタ映えする料理のバリエーションの豊富さとシズル感がずば抜けています。カラフルな料理やカロリーなんて気にしない!という人は中毒性のある動画コンテンツですね。Instagramを見ると一目でわかるのですが、とにかくおしゃれ!動画の再生回数も6月のトトロのケーキで379万回再生されています。

ゼクシィキッチン

私も最近知ったゼクシィキッチン。まさかゼクシィからレシピ動画が配信されているとは思いもしませんでした。他のものに比べて料理の再生時間が長いのですが、YouTubeには1300本を超える動画がアップされています。動画の更新が1年前で止まっているようですが、どうやら今はアプリに力を入れているようです。さすがゼクシィ、料理が苦手な人が花嫁修行するにはもってこいの「きほんの動画」まで用意されています。プロが教える本格派のレシピも多くあるので、時間をかけて作りたい人にもオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回いろんなレシピ動画を調査しましたがついつい見入ってしまい大変でした。またレシピ動画だけでなく、ファッション動画やテクノロジー動画などたくさんの動画メディアもあるのでそちらもチェックしていきたいと思います!