BLOG



201804pagespeed_top02.jpg こんにちは。シナップ広報・ライターの鈴木しのです。

前回(どんと来い!サイト高速化【ページスピードはなぜ早くないといけない?】)に続いてお送りしているページスピードの高速化について。シナップエンジニアの野原・山下がまとめた高速化に関する内容の中でも、今回は高速化といえばよく話題にのぼる「CDN」についてご紹介します。

コンテンツを高速で安定的に運ぶのがCDN

まずはじめに、CDNについて簡単にご紹介します。 CDNとは、コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)を頭文字をとってできた言葉です。

シンプルに意味を捉えるならば、それぞれの単語が持つ意味の通り、「コンテンツ」を安定的に「運ぶ(デリバリー)」ための「ネットワーク」ということができます。

CDNはこの文字の通り、コンテンツを安定的に運ぶために用意された専用のサーバーです。データをあらかじめキャッシュしている複数のサーバー(エッジサーバーと呼びます)から構成され、アクセスするユーザーに最も近いサーバーが配信する仕組みを取ることで、高速かつ安定的なレスポンスを実現するものです。

代表的なCDNサービスではAkamai、Amazon CloudFront、fastly などが有名です。

CDNの基本的な仕組み

201804cdn01.jpg

次に、CDNの基本的な仕組みを解説します。通常、コンテンツを配信する場合にはリクエストを送信した私たちに対して必要な情報をサーバーからピックアップしてレスポンスを返しています。

CDNでは、このリクエストを行った際に以前までの配信内容をキャッシュとして保管しています。キャッシュを元にレスポンスを返すため本来サーバーまで確認するべきフローが短縮されるよう設計されているので、結果としてスムーズにサイトが表示されるのです。CDNを用いるとサイトの高速化ができると言われるのは、このルートの短縮が発生するためです。

また、CDNは複数の拠点を持っています。ユーザーのリクエストが配信されると、もっとも近い拠点からのレスポンスを受け取ることができるため、これもまたスムーズにサイトを表示するためのポイントに繋がっています。

CDNと距離の話

201804cdn02.jpg

CDNを取り入れるメリットを語る際には、物理的な距離と非物理的な距離の二つの目線から語られることが多くあります。

一つ目は、物理的な距離。あまり想像できないかもしれませんが、たとえば日本からブラジルまで、距離にして18,560km離れている場所のサーバーのレスポンスのタイム差は0.658秒も違うそうです(参考:[技術ブログVol.9] AWSの海外リージョンのレイテンシと距離の関係)。

サイトの表示速度においては、大きなロスであることがわかります。CDNでは前述の通り、複数の拠点を持っています。ユーザーから一番近いサーバーにアクセスすることで、このロスを少なくしてスムーズにサイトを表示することが可能となるのです。

二つ目は、ネットワークの距離。Webサイトは、さまざまなサーバーを介して膨大なネットワークと呼ばれる連絡網を作っています。そのため、リクエストを行ってからさまざまなサーバーを経由してレスポンスを返すので時間がかかってしまうという場合も。

CDNでは、このネットワークをたどる際にもっとも効率的に巡ることのできる道筋を算出する機能も搭載されています。これによって、スムーズな表示が可能となるのです。

このほかのメリット

サイトの高速化とは少し脱線しますが、このほかにも、CDNにはアクセスが集中したときに負荷を分散できるという大きなメリットがあります。

たとえば偶然商品やサービスがTVに取り上げられたり、「『Yahoo!ニュース』のトップに掲載されてしまった!」というとき、通常では考えられないアクセスが発生します。

みなさんも話題になったサイトを見にいったときに、サーバーがダウンしまっていたり、反応が我慢できないほど遅くなっているのを見たことがあるのではないでしょうか。

仮にこれがECサイトで商品の販売に直結しているとしたら、かなりの機会損失といえます。CDNを利用すると、こうした突発的にアクセスが集中した時でも負荷を分散できるので、大きなメリットとも考えることができます。

まとめ

ここまでで、2回にわたってサイト高速化のためにできる施策についてご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

サイトの高速化はWebに関わる人ならば一度は出会う大きな障害です。しかし一方で、ただスピードが早ければ良いというものでもありません。ユーザーが本当に求めているサイトを提供することが、私たちWebに関わる人間がもっとも重視しなければならないポイントです。

もしも、サイトの高速化およびUX向上などにお悩みの方は、ぜひお気軽に弊社までご相談ください。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

サービスの成長を目指し、様々なお手伝いをしています。

シナップは、クライアントのビジネス立ち上げ、サービスの継続的発展をサポートすることを得意としている会社です。UI改善はもちろん、オウンドメディア戦略、DMP導入支援などマーケティング戦略に基づく様々な改善活動に関するご相談がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。