BLOG



こんにちは。シナップ大川です。

先頃、イギリスの国際的なデザイン・広告賞「D&AD賞」が発表されました。
「D&AD賞」は昨年、ユニクロック(UNICLOCK)が最高賞であるブラック・ペンシルを受賞して話題となりました。記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

さて、今年のブラック・ペンシルは去年より2つ少ない4作品。
中でも「The Kinetic Sculpture 」というBMWミュージアムでのインスタレーション映像が印象的でした。

日本勢では、相模ゴム工業の「LOVE DISTANCE」がデジタル広告キャンペーン(Digital Advertising Campaigns)部門、ホンダの「ケータイトラベラー」がモバイルマーケティング(Mobile Marketing)部門、WOWOWの「12 CAMS, CREATE YOUR」がWEBサイト( Websites / Interface & Navigation)部門でイエロー・ペンシルを受賞していました。
日本勢は相変わらずインタラクティブなメディアでの評価が高いようです。

この他にも、KDDIの「PLY -ケータイの層-」展が環境デザイン( Environmental Design / Temporary Exhibitions)部門で、市田ガーデンの「Newspaper to New Paper Project」がパッケージデザイン( Packaging Design / Packaging)部門でイエロー・ペンシルを受賞しています。

D&AD
http://www.dandad.org/