BLOG



2015年7月IOTまとめ こんにちは、SINAP村山です。 シリーズ連載「シナップがまとめる世界のIoT事例&ニュース」、3回目7月は村山がお伝えします。

今月は乗り物関係のニュースが目に止まったので、乗り物関係のニュースをまとめてみました。

<シナップのおすすめIoT記事>
IoT向けクラウド揃い踏み 2015年11月IoT事例&ニュース
よくわかるIoTの仕組み 「モノ」とインターネットを接続するには
よくわかるIoTの仕組み 基本的な構成要素とデバイスの役割
第4次産業革命が到来?! そもそもIoTって何だろう?

その他のIoT記事をもっと見る

Land Rover

スマートフォンから操作できるというイギリスのランドローバー。スマートフォンからの操作ではまだ6km/h程度しか速度は出ないようですが、外から俯瞰的に見て操作が必要な場面や、動画にもあるような駐車、車庫入れなんかには最適そうです。自動車の運転免許は持っているんですが滅多に運転しないため前進オンリーなので、マイカーが必要になる頃にはこういう機能ついた車がいいですね・・・。

参考記事: MediaCentre

WHILL

次世代車椅子といわれて注目されているWHILL。もともと高性能でしたがソフトウェアのバージョンアップでiPhoneからリモート操作ができるようになりました。例えば少し離れたところに車椅子があるという状況は車椅子が必要な人にとってはとても大変ですが、遠隔操作で近くまで寄せることができたり、逆に降りた後に隅に寄せるなど、車椅子を使う上で直面する問題を解消します。

Design your own road: WHILL

Connected Cycle

自転車ペダル!スピードや移動距離の記録はもちろん、盗難検知や、離れた場所にあっても探せるなど防犯グッツとしても優秀。また自転車を漕ぐことで充電されるので電池不要というのもいいですね。

Turn your bike to a Smart Bike: Connected Cycle

Caruma

高性能車載カメラ、と言えばいいんでしょうか。通常の車載カメラとしての機能がありつつもHD画質でファミリービデオも取れるし、駐車中の車に迫る危機を知らせてくれる。防犯にも良いですね。

World's Smartest Connected Car Device: Caruma

終わりに

乗り物IoTの最近のネタを中心にまとめてみました。いかがだったでしょうか。

「乗り物 × IT」と聞くとまずどうも遠隔操作系に落ち着きやすいなと感じました。同時に防犯系の需要は高いなぁと感じました。

実際、遠隔操作できたら便利なものって結構あるんですけど、最初からリモコン作ったらいいんじゃないとか思ってしまうのは多分私がひねくれてるんでしょう・・・。 個人で持つ資産の中では大きなものになる乗り物ですから、防犯や安全対策、バリアフリーの分野で役立つものがこれからいっぱい出てきそうですね。

シナップではIoTに関するご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。

シナップは、Webサイト、アプリ、IoTなどインターネットとつながるユーザー接点すべてをデザインし、クライアントのビジネス立ち上げ、サービスの継続的発展をサポートすることを得意としている会社です。
IoTというと範囲が広過ぎますが、これまでに養ったサービス構築、Web開発の経験を活かしたプロダクトの開発、UI/UXデザインなどご相談ございましたら、お気軽にお問い合わせください