BLOG



jingugaienhanabi09.jpg
シナップのオフィスが神宮前ということもあり、シナップでは毎年、スタッフ全員で「神宮外苑花火大会」を観に出かけるのですが、今年も公式会場である「秩父宮ラグビー場」のスタンドから、夏の夜空を彩る美しい花火を鑑賞してきました。


今年は景気の影響もあり、各地で花火大会中止のニュースも伝わってきますが、「神宮外苑花火大会」も多分にもれず、特別協賛やスポンサー数が減っている事がうかがえました。
そんな今年、「神宮外苑花火大会」にとって30回目の記念大会だったことは、本来であればより盛大にできたところを、大変残念なタイミングになってしまったのかもしれません。
しかし、それでも例年を上回る1万2,000発の花火が用意され、都会の夏の夜を美しく彩りました。

花火大会の起源は、疫病で多くの死者が出た江戸時代、八代将軍吉宗が、それが静まる事を願った隅田川の水神祭で、花火をあげた事に発しているようです。こういうときだからこそ、ネガティブなことを吹き飛ばすきっかけ、みんなが元気がでたらいいですね。

花火を楽しんだシナップスタッフ全員、また明日からがんばります!