UX design
UXデザイン

ヒューリスティック調査・分析

UI・UXの専門家がデザインの原則やユーザー心理、経験則に沿ってWebサイトを評価し、課題をスピーディに発見します。網羅的に課題を発見できるためWebサイトやアプリを改善したいがどこから着手したら良いか分からない。という方に最適です。


ヒューリスティック調査・分析とは

「エキスパートレビュー」とも呼ばれます。
UI上の課題の発見と改善案の検討を行うための2種類の調査(デザイン原則を元にした独自の指標に基づく評価、ユーザーの視点で特定のタスクを完遂させる時の課題調査)を実施します。
対象のサービスやサイトがユーザーにとって使いやすいかどうかが分かるほか、ひとつのレポートとしてまとめるため、改善プロジェクトを立ち上げるための資料としても有効です。


シナップのヒューリスティック調査・分析の強み

UI・UXの専門家による、短期間・低コストでの評価

シナップのヒューリスティック評価は、「実績紹介」に掲載されているサイトを実際に手がけている現役のエキスパートが複数名参加して評価を行います。ユーザーテストのように多くの被験者を集める必要がなく、ツールの導入なども不要で、短い期間と比較的安価なコストで実施が可能です。
調査範囲の選定(対象のフローやページ)から実施できますので、「現状のサービスやサイトの使いやすさが気になっている」「改善したいが何をしたら良いか分からない」「数字のデータは取得できているがユーザーの行動の理由が分からず、改善につなげられない」などのお悩みからご相談いただけます。


サービス内容

ヒューリスティック調査・分析を行う際のステップについてご紹介します。
複数の画面と導線が描かれた図。その中から評価対象とするページの導線を決定する

STEP 01. 対象ページの決定

調査対象とするフローやページの範囲を決定します。
利用ユーザーや利用の文脈、ゴールをヒアリングした上で、適切な範囲とページの動線を決め、調査の準備を行います。

STEP 02. 調査の実施

現役のエキスパート複数名による調査を行います。
デザイン原則を元にした独自の指標に基づく評価(65項目以上)に基づいてチェックを行う「ヒューリスティック評価」と、ユーザーの視点で特定のタスクを完遂する上での課題を発見する「認知的ウォークスルー」の2つの調査を行うことで、UIの課題を発見します。

STEP 03. レポートとしてご報告

調査の結果を視覚的に分かりやすいレポートにまとめ、ご報告会(任意)を実施します。
レポートには評価項目ごとに傾向をまとめたサマリと、対象の画面に対する具体的な課題点・改善点を記載した資料をご用意します。

最適な解決方法をご提案します
SINAPでは、UXデザインに関わる様々なサービスを提供しています。UXデザインに関するお困りごとの相談をいただければ、お客様のご状況に合わせた最適な解決方法をご提案させていただきます。まずはお気軽に、ご相談ください。

UXデザイン サービスメニュー

代表的な手法を掲載しています。プロジェクトに合わせて最適なプランをご提案します。

このサイトでは、利用状況の把握などのために、プライバシーポリシーに基づき、Cookieを使用してアクセスデータの取得・利用等を行います。