BLOG



xmas09_matome.jpgこんにちは。SINAP大川です。
いよいよクリスマスまであと9日となりました。
SINAP CHRISTMAS PROJECTもいよいよ大詰めです。
そんなSINAP Christmas Project 、実は今年で5年目を迎えます。

もともとは関係者の方々にお送りする年末のご挨拶も兼ねたクリスマスカードと連動したささやかな企画でしたが、ソニーマガジンズ発行の雑誌『リンカラン』とのコラボレーションとして実現し、回を重ねるごとに多くの方々に楽しんでいただけるイベントとして成長してきました。(残念ながら『リンカラン』は今年休刊となってしまいました。)

そんな5回目を迎えるクリスマスプロジェクト、まだ終わってませんので、振り返るのにはちょっと早いかもしれませんが、過去の作品もあわせて、まとめましたので、ちょっと振り返ってみましょう。

xmas09_matome05.jpg【SINAP Christmas Project 2005】
記念すべき第1回目はわたしたちにとっても非常に思い出深い作品です。 クリスマスにこの一年間の感謝をこめて、私たちに出来る事でチャリティができないか?そんな話から始まりました。そして、サイト上にある一本のクリスマスツリーをクリスマスまでにみんなで飾っていくという企画もこの時生まれたのです。
雄大な自然の景色の中に大きな一本のツリー。空の色は時間とともに変化し、夜はリアルな星座が楽しめるという、あまり気がついてもらえませんでしたが、ちょっと凝ったものでした(笑)。
なんと発案からリリースまでわずか2週間程度という脅威のスピードで実現した企画です。
xmas09_matome04.jpg【SINAP Christmas Project 2006】
もともと毎年やろうという話ではなかったのですが、第1回目があまりにも好評だったための第2回目。前回の課題や機能を改善しつつ、今回は山の頂上にある大きなツリー。山小屋にキャラクターが住んでいて、さまざまなイベントがおこりました。
xmas09_matome03.jpg【SINAP Christmas Project 2007】
好評に続いた第3回目。イラストレーター、スズキトモコさんに描いていただきました。 これまでが「大自然」であれば、今回は可愛らしい街の風景、暖かな人と自然との交流が描かれています。
xmas09_matome02.jpg【SINAP Christmas Project 2008】
第4回目はこれまでと趣旨を変えた新たなチャレンジ。世界中のさまざまなクリスマスの写真をユーザーに投稿してもらい、雪の結晶で描かれた世界地図を飾っていくというものです。オーストラリアやイギリス、アイルランドなど、日本のみならず世界中の人々をつなぎました。
xmas09_matome01.jpg【SINAP Christmas Project 2009】
そして今回が記念すべき第5回目。イラストレーター大山奈歩さんのイラストで、まるで絵本の世界にいるような可愛らしいサイトになりました。 今年から携帯電話や話題のTwitterなどにも連携し、さらに楽しみが広がるサイトをめざしました。
みなさんはもう楽しんでいただけたでしょうか。

まだの人、既に楽しんだという人、今年からはPCでは何度でも飾り付けができるようになっていますので、ぜひ残り少ないクリスマスまでの9日間、さらに楽しんでいただければ幸いです。

» SINAP Christmas Project 2009

クリスマスプロジェクトについてもっと詳しくしりたいという方はこちらでまとめてあります。