BLOG



こんにちは、内藤です。

「日本のリアルクローズ(普段着)を世界へ」をテーマに2005年8月から年2回開催している史上最大級のファッションフェスタ、東京ガールズコレクション(以下TGC)の第12回目が国立代々木競技場 第一体育館で開催されました。前回の「第11回東京ガールズコレクション2010 AUTUMN/WINTER」ではニコ生中継をして話題になったTGCですが、今回はなんと Google と提携してYoutubeで「全世界リアルタイム配信」が行われました。

Googleとの提携では「Tokyo Girls Collection Live」というページがYouTubeに作成され、当日は7時間にも及ぶファッションショーがインターネット経由で世界中にライブ配信されました。YouTubeのアノテーション機能(配信中の動画にカーソルを合わせると服の情報が出てきてショッピングができる)や、ステージ・特設スタジオ・レポーターカメラの3つのチャンネル切り替えなど、ウェブならではのコンテンツにより、会場にいるファンとはまた違ったTGCの楽しみ方を提供していました。

今回のGoolgeとの提携は日本のマーケットのみならず世界のマーケットを意識しての情報発信という側面も大きかったようです。データは公開されていないようですが、今回の視聴は海外からのアクセスも多かったのではないでしょうか。配信後のコメント欄では英語のコメントが多く見受けられることから海外での注目度の高さが伺えます。YouTubeはニコ生と比べるとネット上にあるライブ感の盛り上がりに少し欠ける気がしますが、閲覧者の増加、海外マーケットの拡大には貢献できたと思います。
そして3月26、27日には3D映画の全国上映、5月には北京での開催も決定し、どんどん勢いを増すTGC。今後もその展開から目が話せません。

写真は Tokyo Girls Collection Live から引用

tgc_2011.png