BLOG



mt_5_release.jpgSINAP細田です。
先日、シックスアパートよりMovableTypeの新バージョン「MovableType 5」が発表されました。
久々のメジャーバージョンアップ
とあって、WEB業界では大きな注目を集めています。


具体的なことはまだわからないのですが、CMSとしての機能をより強化する方向にバージョンアップされるようです。機能面での強化点は下記の通りだそうです。
・管理画面のデザイン刷新によるユーザビリティ向上
・複数ブログの運営、ポータルサイトの制作を効率化するウェブサイト管理機能
・カスタムフィールド(入力項目の拡張)を強化
・テーマ機能
・履歴管理機能


また、機能面の強化同様、多くの人が着目しているのがライセンス形態の変更。
これまでは『基本ライセンス』として5ユーザーが割り当てられ、その後、5ユーザーもしくは10ユーザー追加するごとに『追加ユーザーライセンス』を購入する必要があったため、CMSとして利用する場合、ユーザーが多くなるごとにライセンス費用が嵩むのが難点でした。

今回のアップグレードで、『基本ライセンス(63,000円・税込み)』として5ユーザーが割り当てられるのはこれまでと同じなのですが、『追加ユーザーライセンス』が廃止され、新たにユーザー数無制限の『サーバーライセンス(1サーバー・無制限ユーザー 12万6,000円/税込)』が用意されるようです。
さらに、コミュニケーションブログのユーザー『プロフィールライセンス』についても、ユーザーライセンスに統合されるため、従来より低コストで「MovableType」をCMSとして利用できるようになります。

来月上旬にベータ版の提供が開始され、製品の出荷は10月になるそうです。
管理画面のデザインもユーザービリティの向上のために、変更になるようなので、今から楽しみにしています。ベータ版の配布が始まったら、再レポートします。お楽しみに。

>> Six Apart - ウェブサイト管理の新標準、「Movable Type 5 」を発表しました