BLOG



iTunes festival
こんにちはシナップ大川です。

新型MacBookAirや新OS LIONの発売など今朝はAppleの話題でもちきりですが、皆さんはそのAppleがこの7月にロンドンで行っているiTunes Festivalというライブイベントをご存知でしょうか?

今日はAppleの話題に便乗して、このiTunes Festivalをご紹介したいと思います。

これはロンドンの有名なライブハウス The Roundhouseで7/1から31日(日本時間で7/2〜8/1)まで31夜連続で62組のアーティストがライブを行うイベントで、世界的に人気を誇る、コールド・プレイ、マイ・ケミカル・ロマンス、リンキン・パーク、アデル、フーファイターズ、カサビアンなどなど、そうそうたるメンバーが毎日日替わりで登場することで話題を呼んでいるイベントです。

しかし、ここまでの話なら「遠いロンドンでのお話」で終わってしまいます。
が!今年はなんと!このライブの模様をiTunesやiPhone、iPod touch、iPadの公式無料アプリを通してストリーミング配信されるので、日本に居ながらにして、このライブの模様を観ることができるようになったのです!
しかも視聴は無料です!

さらに、「ロンドンとは時差があって(実際の配信時間は日本では午前4時、5時)そんな時間まで起きていられないよ」という方もご安心ください。
ライブ配信後は期間限定で映像もアーカイブされるので、自分の好きな時間に視聴する事ができるのです。(アーカイブされるまでに数日かかる場合もあります。またどうやら限定期間もアーティストによってまちまちのようです。この辺のルールはよくわかりません。。。)
しかも後日、ライブ音源はiTunesで購入できるようになるそうですから、ファンにはたまらないイベントとなることでしょう。
まさにインターネットがなければ実現できなかった新しい音楽の楽しみ方といえるでしょう。

そしてOne more thing...(笑)
さらにAppleTVを持っている方は、iPhoneやiPadの公式アプリからAirPlayを利用して、自宅のテレビで大迫力のライブ映像を楽しむ事ができるのです。

ビジネスの観点から見てみても、このイベントは、単にAppleが音楽イベントをサポートし、ブランドイメージの向上をはかっているだけでなく、さまざまなApple製品のプロモーションとその製品の利用促進、そして自身の楽曲販売チャンネルであるiTunesでの楽曲販売まで、さまざまな意味を持っていることがわかります。さらにこれが世界規模で展開されるイベントですから、62組のアーティストを日替わりでという超豪華な設定も可能なのかもしれません。
これまでにない一大プロモーション、新しい取り組みとしても目が離せないイベントです。

夏といえば野外フェスが定番ですが、ちょっと違った夏のライブの楽しみ方として、みなさんも涼しい部屋で、熱いライブ体験を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

http://www.itunesfestival.com/