BLOG



Stitch Fix

こんにちはSINAPオオカワです。
先日、アメリカに住んでいる友人がFacebookに投稿した書き込みを見て知ったのですが、Stitch Fix ( https://www.stitchfix.com/ )という面白いサービスがあったのでご紹介します。

Stitch Fixとは

Stitch Fixは洋服やアクセサリーをスタイリストが選んで送ってくれるという「パーソナル・スタイリング」のサービスです。

プロフィールを作成して登録すると、その人にあったアイテムをスタイリストがセレクトしてくれて、洋服やアクセサリー計5点が1セットで自宅に届くというものです。

これだけを聴くと、最近いろいろ出てきている流行のキュレーションサービスだと思われるかもしれませんが、このサービスの面白いところは、他の類似するサービスとちょっと違った仕組みにあります。

コーディネイト料としてはじめに20ドルかかる。

まずStitch Fixはよくある月額料金を支払うサブスクリプションモデルではありません。
こうしたキュレーションサービスの多くは毎月決まった額を支払うタイプのものが多いと思うのですが、毎月支払いがあるというのに抵抗感がある人も多いでしょう。

しかし面白いのはここからです。
Stitch Fixでは、まずユーザーはコーディネイト料としてはじめに20ドル支払わなければなりません。
アイテムはユーザーのプロフィールをもとにスタイリストが選んだ洋服やアクセサリー計5点がワンセットでスタイリングのアドバイスとともに指定日に届きます。
送られてきた服は1点から購入可能で、気に入らないアイテムは返品可能です。つまり5点送られてきたとしても、気に入った服だけを購入することができます。
しかも1品でも購入すれば、価格から前述のコーディネート料20ドル分をディスカウントしてくれるのです。
さらにもし全品購入すると総計から25%OFFでアイテムが購入できるのです。
ちなみに全品返品した場合、コーディネート料の20ドルは帰ってきませんが、返品理由を書く事で、次回のセレクトの精度があがるようになっています。

どうでしょう。女性の方は興味がわきましたか?
自分で洋服を選ぶのが好きな女性でも、「自分にもスタイリストが入ればな...」なんて思う時もあるでしょう。
特に働く女性や子育て中の忙しい女性にとっては、スタイリストが自分にあった洋服をセレクトしてくれるサービスがあると聴けば、興味がわく方も多いのではないでしょうか。
しかも商品は返品可能で、1品でも購入すればコーディネート料は実質タダですから、利用しない手はないと思えるのも無理はないでしょう。

コーディネイト料があることでいろいろ上手くいっている

さて、ビジネス側の視点で見てみましょう。
このビジネスモデルの上手いところは、なんといっても「はじめにコーディネイト料として20ドル払う」というところでしょう。 これによってたとえユーザーが商品を購入しなくても、サービス提供者側は送料や手配など、ここまでにかかる諸経費をある程度回収できるのが大きなメリットです。
言ってしまえば、買ってもらえればサービス提供者側が送料負担、買ってもらえなければユーザー側が送料負担みたいなものです。購入されなかった商品は戻ってくるのですから、また別のところに送ればいいだけです。それを「送料/手数料」と呼ばず「コーディネイト料」と呼ぶあたりがニクいですね。

ユーザー側からしてみても、5つのアイテムの中から1つでも買えばコーディネート料20ドルはかからなかった事になるので、月額料金のサービスよりは、始める敷居はぐっと下がりますし、送られてきた後はというと、たとえセットの内容に完璧に満足しなくても「全品返品して20ドル戻ってこないなら、もったいないので、これはそんなに悪くないから一品買っておこう」という心理が働きそうなところも、消費者心理をうまくついているなと関心しきりです。(使ったことはないので、何とも言えませんが、たぶん無難なアイテムが1品は入っているのではないでしょうか。)

さらに全品買うと25%OFFというのもなかなかだと思います。
3品くらい気に入れば、全部買っても総額はたいして違いにならないかもしれません。返品するのは簡単とはいえ、やっぱり面倒だという人が多いでしょうから、結局全品買ってしまったなんてことも結構多いのではないでしょうか。

ちなみにアイテムの内訳ですが、1アイテムあたりの平均価格は65ドルだそうで、教えてくれた友人の場合、シャツ28ドル、スカート38ドル、タンクトップ58ドル、ブレスレット58ドル、ワンピース98ドルだったそうです。

近年「送料無料」「返品無料」と競争の激しいECの中で、前金20ドル、5アイテム、一品一品の価格感、全品買うと25%OFF、と、とにかくStitch Fixはよく考えられていて面白いサービスだなと思いました。

Stitch Fixは現在女性向けのサービスとなっていますが、男性向けの似たようなサービスでTRUNK CLUBというのを教えてもらいました。