BLOG



写真:ワークスペースこんにちはシナップ大川です。
昨年2020年10月、シナップは12年居たそれまでのオフィスを離れ、表参道に近い場所へオフィスを移転しました。

どんなところなんだろう...。そう思われる方もいらっしゃるかと思います。
そこで、今回はクライアント、パートナーのみなさまにお送りしている『SINAP Journal 2021 Winter』に掲載した記事より、シナップの新オフィスを写真入りでご紹介したいと思います。

<これまでのSINAP Journalに関するブログ記事>
あたらしいオフィスと あたらしい働き方を 探して
NEW OFFICE NEW SINAP 〜新オフィスのご紹介〜
『SINAP Journal 2021 Winter』PDF版をアップしました!
Webサービス構築に必要な専門知識とサービス全体を考えるプロジェクトマネジメント
リモートワークでシナップが利用しているコミュニケーションツールと活用方法

アクセス

と、その前にまずは場所をご案内したいと思います。
場所は「表参道ヒルズ」のちょうど真裏。「表参道ヒルズ」を訪れたことがある方であれば、なんとなくその位置関係もわかるのではないでしょうか。
以前のオフィスと比べてもずっと駅から近くなり、アクセスしやすくなりました。

さて、場所もわかったところで、みなさまを玄関からご案内したいと思います。

エントランスバナー

写真:エントランスバナー シナップのあたらしいオフィスは前のオフィス同様一軒家。ユニークさはそのままです。玄関先ではシナップのコーポレートカラーが印象的な三角形バナーがみなさまをお迎えします。

エントランス

写真:エントランス 清潔感のある広くてゆったりとしたエントランスは奥に置かれた村上隆さんのアートがアクセント。印象的な螺旋階段は2階のワークスペースへと続いています。

大会議室

写真:大会議室 柔らかい外光が差し込む1階の大会議室はとてもリラックスした雰囲気。 対面の会議はもちろん、いつでもリモート会議が始められるよう各種機材が常時セットアップされていて、オンラインでもオフラインでもストレスなく会議に臨めます。

ワークスペース

写真:ワークスペース 開放的なワークスペースのデスクは一席ずつ間隔を空けて配置。写真のように32インチの4Kモニターを2台配置し、手持ちのMacBook Proを接続すればトリプルモニターにして使えます。 オフィスだとさらに仕事が捗る。そんな環境を目指しました。

昇降デスク

写真:昇降デスク スタンディングデスクとしても使える高機能デスク。ワークスペースのデスクはすべて電動で昇降し、座りっぱなしで疲れてきたら、立ちあがっての作業もできてリフレッシュできるんです。

休憩室

写真:休憩室 観葉植物とカリモクのソファでリラックスできる休憩室。ちょっと一息入れたいときに最高の空間です。 実は中央に置かれたテーブルは電動で昇降するスタンディングテーブル。そして写真には写っていませんが、大型モニターとカメラ、スピーカーも設置されていて、いつでもワークスペースやオンライン会議室に早変わりする多機能ルームです。

シナップの新オフィス

いかがだったでしょうか。
以前のシナップオフィスと比べるとコンパクトになりましたが、もともとシナップのオフィスが持っていた開放感やアットホームな感じは残っているのではないでしょうか。
移転に際しては、あらたな働き方に合わせた、あたらしいオフィスの形を模索し、デスクの数を減らす代わりに、よりアクセスしやすく、より心地良く、より効率良く働ける環境を目指しました。

次回のブログではそんなオフィスを移転しようと思ったきっかけや、オフィスについて考えたことなど、『SINAP Journal 2021 Winter』に掲載したもう一つの記事をご紹介したいと思います。

SINAPでは、一緒にサービスの成長に取り組む仲間を募集しております。

採用情報

私たちは、クライアントのビジネス立ち上げから、サービスの継続的発展までのサポートを得意としている会社です。あなたの知見、アイデアで、サービスの改善を促進させてください。
ご応募、心よりお待ちしております。