BLOG



201905ai-top.png こんにちは、シナップ広報・ライターの鈴木しのです!

最近なにかと話題の「AI」ですが、みなさんはどのくらいご存知でしょうか。近年研究が進み、AIを使ったサービスがわたしたちの日常生活にも浸透しつつあります。そこで今回は、先日の社内勉強会でエンジニアチームが行なったAIの発表をまとめてみたいと思います。

useful_products_top.jpg 皆さんこんにちは。近頃は早くも夏の訪れを感じる陽気になりましたね。
夏といえば、プロレスファン界隈では「真夏の祭典」とも呼ばれるG1 CLIMAX。今年は絶対に生で観るぞと心に決めています。Adminスタッフの小泉です。

さて、ここからが本題ですが、SINAPのスタッフは「なんか不便だな〜」とか「これもっとこうだったら良いのに〜」といった軽い思いつきや要望、アイデアなんかをチャットなどで気軽に発信しています。
すぐに試せるものであれば導入してみることが多いのですが、その中でも「これは買って正解だった!」と嬉しい驚きをもたらしてくれたアイテムたちをご紹介してまいります。 気になるものがあったら、ぜひ皆さんのオフィスでも取り入れてみてくださいね。

それでは早速、いってみましょう。

1904091513.png こんにちはシナップ大川です。
プロトタイプと一口にいっても、ペーパーモックのような手書きのものもあれば、Adobe XDなどで作られた、見た目も動きも本物そっくりのものまでさまざまです。

デザイナーだと、どうしても見た目が気になってしまい、作り込んでしまう場合もありますが、それが仇となって、本来確認したかった画面遷移の話ではなく、アイコンの色について議論が白熱してしまった、という経験がある人もいるのではないでしょうか。
こうなってしまっては、わざわざ時間をかけて作った分、ダメージも大きいでしょう。

どのくらいの精度で作ればいいのか、、、結論から言えば、目的に応じてということになると思うのですが、今回はプロトタイプはどの程度具体的であるべきかについて考えていきたいと思います。

ds_00-main.png

こんにちは。デザイナー飯山です。

シナップ社内では毎月チーム発表を行っているのですが、先日のデザインチームではいま注目の「デザインシステム」をテーマに社内発表を行いました。 そこで今回は、調査したデザインシステム事例の中からピックアップしてご紹介します。

1901devops_top.jpg こんにちは。シナップ広報・ライターの鈴木しのです。
年号が変わるまで、あと少し。最後の平成をじっくり楽しみたい気持ちでいっぱいです。

さて、先日、月に一度開催している社内勉強会にてエンジニアメンバーのチーム発表がありました。テーマはズバリ「DevOps(デブオプス)について」。

最近、Web業界の仕事に携わる場合は少しずつ耳にする機会も増えていますが、なかなか意味は理解できていないもの。そこで今回は、勉強会の内容を抜粋しながら「DevOps(デブオプス)」の考え方や基礎的な知識をご紹介します!